プログラム(案)

※予告なく内容の一部が変更になる可能性がございます。

会次第

2019年6月8日(土)13:00-18:00

開会の挨拶

稲野彰洋
(第3回地方会 会長/福島県立医科大学附属病院 臨床研究センター・特任教授)

招待講演

13:05-14:05

座長:佐藤典宏 (北海道大学病院臨床研究開発センター・センター長 教授)

「BSE問題の経緯と教訓 -危機管理の在り方-」
 唐木英明 (公益財団法人食の安全・安心財団理事長・東京大学名誉教授)

指定講演

14:05-15:05

座長:小池勇一 (奥羽大学薬学部 薬物代謝・薬物治療学 教授)

1.「安全性の議論のための統計的知識」
   高橋史朗 (岩手医科大学 教育教養センター 情報科学科医用工学分野 教授)

2.「血液内科領域の治療の進歩について」
   亀岡吉弘 (秋田大学医学部附属病院 臨床研究支援センター/血液内科 准教授)

15:15-16:15

座長:谷内一彦 (東北大学大学院医学系研究科 機能薬理学分野 教授)

3.「関節リウマチに対する臨床試験(治験)の変遷」
   石井智徳 (東北大学病院 臨床研究推進センター 特任教授)

4.「211Atによるα線治療、RITの可能性」
   稲野彰洋 (福島県立医科大学 医療研究推進センター 特任教授)

一般演題

16:15-17:15

座長:鈴木康裕 (奥羽大学薬学部臨床分析化学 准教授)
   工藤賢三 (岩手医科大学薬学部臨床薬剤学講座 教授)

1.「治験総括報告書で報告が求められる重要な逸脱の調査」
   叶  隆 (福島県立医科大学)

2.「健常人において緑茶カテキンがフェキソフェナジンの体内動態に及ぼす影響」
   三坂眞元 (福島県立医科大学医学部 病態制御薬理医学講座)

3.「掌蹠膿疱症の治療薬の使用実態調査に基づくバイオマーカーの探索」
   岩山訓典 (旭川医科大学病院薬剤部 臨床研究支援センター)

4.「被験者の安全は誰が守るのか!逸脱と安全性について」
   阿部圭子 (東北大学病院 臨床研究推進センター 臨床研究実施部門)

シンポジウム・総合討論

17:15-18:00

「臨床研究法 施行の状況」
 高野忠夫 (東北大学病院 臨床研究監理センター・特任教授)
 新岡丈典 (弘前大学医学部附属病院 薬剤部 / 臨床試験管理センター 教授)

閉会の挨拶

懇親会

18:30

Copyright © 第3回日本臨床薬理学会 北海道・東北地方会 All rights reserved.